Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

ピアノ脳って?

『ピアノがうまい子は頭もいい』というアレですが、以前、TVの番組で
脳科学者の方が「1番習いごととしてよいのはピアノです。ピアノは指を動かす、
先を読む、暗記する。全ての脳の働きを高める。ピアノを習っている子は頭が良い、
キレにくくなる」とおっしゃっていました。

諸説ありますが、ポイントは、頭(学力)が良いからピアノが上手くなったのか?
それとも、ピアノを習ったから頭が良くなったのか?ということです。

他の脳科学者の分析によると、ピアノが上手い子の脳はワーキングメモリー(一時的に
その情報を保持する機能や能力)が発達し、演奏時に両手をコントロールすることで、
脳全体が活性化するそうです。

また別の専門家によると、ピアノ演奏は理解力や音符を覚える記憶力、想像力、
集中力、持続力など必要で、これは学力向上と共通しているのだそうです。

確かに…ピアノを演奏をしている時って
① 楽譜を見る 目
② 脳が楽譜の情報を理解して身体各部に信号を送る 脳
③ 指や手、腕、足をコントロールして弾く 体
④ イメージ通りの音楽になっているか聞きつつ、目は楽譜を追っている
この動きを一瞬のうちに連動してやっています。

プラス、ピアノの音を聞きながら、オーケストラの音をイメージしたり、音質を変える
ように指や手を動かしている時もあるので、やっぱり脳みそにはよいかもしれません。

特に初見や譜読みの段階では本当に脳を使っているなぁ~と感じることがあります。
なんだか、脳内の血流が活発になっている気がするんですよね。

昨今、色々な習いごとが多く、ピアノが押されているように感じていたため、
この脳科学者の方のご意見は私を大きく勇気づけてくれました。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR