Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

コンサートに誘われて・・・。

生徒さんのお母様からピアノコンサートのお誘いを受け、本日行って参りました。
せっかくのお昼時のコンサートなので、建長寺と鶴岡八幡宮の間にある小洒落たカフェ
『歐林洞』で一緒にランチを頂いてから、行ってきました

欧林洞へは喫茶で何回か訪れたことがあるものの、ランチのキッシュは食べたなことが
なく、コンサートと同じくらい楽しみにしていました。

キッシュ
↑キッシュ。食べかけですみません。。


デザート
↑今度は食べる前に撮影。ケーキも頂いちゃいました


ピアノコンサートは、日本ショパン協会理事でもある『遠藤郁子さん』のピアノソロで、
ベートーヴェンに始まり、リストに終わるという、とても盛りだくさんな内容でした。

最初のプログラム、ベートーヴェン作曲、ピアノソナタ『ワルトシュタイン』。
最初の出だしを聞いた途端、懐かしい思いで一杯になりました。思えば、この曲は
学生時代に友人の一人がピアノ試験で弾いた曲で、何回も聴かされた…、
いや、お互いに弾きあい会を開いて、練習の成果を発表しあっていた曲でした。

遠藤さんのワルトシュタインは3楽章の繰り返されるメロディーがとても美しかったです。
弾く人によっては、大げさになりがちな派手な印象を与えるメロディーではありますが、
遠藤さんの場合は、とても澄んだ、濁りのないキラキラとした音で、今日のお天気のよう
に清らかで爽やかで、美しく優しかったです。

大げさに弾かず、さりげなく楽々と軽やかに弾いているところにとても感動をしました

次のショパンの『子守唄』では、目を瞑って聴いていたら本当に睡魔が襲ってきて、
「やっぱり子守唄なんだわ~。」と妙な関心をしてしまいました。
心なしか、会場の空気ものんびりとした陽だまりのような空気になり、ほっこりと平和~
な時間が流れていました。

ワルトシュタインから一変。『子守唄』が会場の空気を変え、全員を包み込む演奏は
さすがでした。やはり、『子守唄』を『本当の子守唄』になるように弾くってとてつもなく
難しいことだと思います。

休憩を挟んだ後半はリストの有名どころばかりだったので、聞いてみたかったのですが、
レッスンがあるので、聴くことは出来ませんでした。ですが、3曲聴けただけでもとても
有意義な時間を過ごすことが出来ました。

お誘いを頂いたYさんに、この場をお借りして改めて御礼申し上げます

生徒さんのお母様ではありますが、仕事の話や家庭のことなど、今まであまりお話した
ことのない話も出来て楽しかったです。
天気も良かったですし、キッシュも美味しく、演奏も美しく、とても充実した一日となり
ました


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR