Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

円覚寺夏期講座

第76回円覚寺夏期講座に参加してみました。
初めての参加だったのでドキドキしながら円覚寺に行くと、会場(円覚寺・大方丈)には
たくさんの方がつめかけていました。

円覚寺夏期講座


第1時限目は円覚寺派管長の横田老大使による『無門関』の講義で、渡された資料を
読んでみても、漢字ばかりでさっぱり意味がわかりません。。。
それを、横田老大使が冗談を交えながら、一文一文おもしろく、わかりやすく
解説してくださいました。
おかげで、私が参加した『無門関』第6則だけは、よく理解することができました。

第2時限目はロサンゼルスオリンピック・柔道無差別級金メダリストの山下泰裕さんの
講義でした。
山下さんの講義のお題は『人を育てる、人に育てられる』です。
私が一番印象に残ったお話は、山下さんが指導者になりたての頃のお話です。

山下さんは指導者になりたての頃、強い選手を育てるんだ!と意気込んで
いたそうです。
その頃は「強く優秀な選手を育てることで、自分が指導者としても認められたい」という
気持ちが強く、選手の一面だけをみて判断し、モチベーションが落ちた選手の内面まで
見ることができなかったそうです。

それが、ある控えの選手の行動により、「勝つ経験ばかりしている自分が負けた選手
の気持ちを理解できるだろうか。」という考えに変わり、柔道の枠を超えて一個人を
大きく育ててゆくという広い視野に立った指導に変わっていったそうです。

また、山下さんは中学時代の恩師・白石先生から
「柔道が強くなるために一番大事なことは、人の話を素直に聞ける人間になることだ。
社会に出て可愛がられる人間に、役に立つ人間に、活躍出来る人間になること、
これが大事なんだ。このこととみんなの練習は繋がっているんだよ、だから柔道だけ
ではない、勉強もしっかり頑張らなければいけない、そして人生の勝利者を
目指していきなさい」と教えられたそうです。

今回の山下さんの講義に参加し、間接的ではありますが、白石先生の言葉にも
触れることができました。
山下さんの講義もおもしろく、とても充実した素晴らしい時間を過ごすことができました。


方丈からみた庭園
≪大方丈から見た庭園・朝の講義、小鳥の鳴き声が気持ちよかった≫

ど根性
≪ド根性もみじ・庭園の岩から生えていました!≫

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR