Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

『ピアノを習うこと』を真剣に考えてみる

私は5歳からずーっとピアノを習ってきました。
高校受験の時に半年ほどお休みをしましたが、それ以外は常にピアノを習って
きました。社会人になってもピアノの先生についていましたし、今でも先生に
ついてレッスンに通っています。
一人暮らしをしていた時もピアノは常に持ち込んでいたので、私の人生において
ピアノは、絶対になくてはならない物です。

もし、私の人生からピアノがなくなってしまったら…?
カラーで映っているこの世界がモノクロになってしまうくらい味気ないものになる
でしょう。それほど、ピアノは私の人生を豊かにしてくれました。

今ではそのピアノが仕事として成り立つようになっているので、親には心から
感謝していますし、数々のご縁に導かれて自分の夢が叶っていることに日々
ありがたさを感じています。

ただ、そんな私も高校入学するまでは音大に行くなんて全く考えてもいませんでした。
高校もいわゆる普通科でしたし、高校1年までは皆と同じように自分のレベルに
あった大学に行くと思っていました。

高校1年の終わり頃だったでしょうか?
5歳から習っている地元のピアノの先生に『音大目指してみない?』と言われました。
最初は『はい?!』という感じでしたが、地元の先生のご縁で東京音大の先生の
門下生となることが許され、真剣に音大を目指すこととなりました。

ただ、自分の出身大学である東京音大を目指そうと思ったのも、高校2年の終わり頃
だったように思います。
それまでは、音大ならどこでもいっか~と、ちょっと頑張れば入れそうな所の冬期講習
を受けたり(音大には音大独自で行っている夏期講習、冬期講習があります。)と
あまり、志望校が定まっていませんでした。

ですから、真剣に東京音大を目指すことが決まってからはそれはもう大変でした。
音大は実技試験が必ずあるので、普通大学のように何校も受けることができません。
ほとんどの受験生が併願せずに、第一希望一本で勝負してきます。
私も、東京音大しか受けませんでした。というよりも、試験曲の準備から受けることが
できませんでした。

そんな私を引っ張り上げて下さった先生方には本当に感謝しています。

この話で何が言いたいというと、最初に私が習った先生についてです。
私は先生からみたら、ずっとピアノを習ってはいるけど、趣味でやってる子程度だった
と思います。ですが、最初の先生が基礎をキチンと教えて下さっていなかったら、
今の私はないですし、音大を目指そうにもスタートラインにも立てなかったと思います。

キチンと基礎をしっかりと叩き込み、ピアノを弾けるようにしてくれたことに感謝
をしています。

というと、ピアノの先生に習ったら誰だって弾けるようになるだろう、と思う方も
おられるかもしれませんが、悲しいことに決してそうではありません。
やはり指導力のある先生、幼稚園、小学校から始めて長く導くことのできる先生に
つかないとピアノは上手に弾けるようにならないのです。

私は私の生徒さん全てに基礎をキチンと身につけて欲しいと思っています。
もしも将来、音大に行きたいと願った時に、その願いを叶えられるよう、スタートラインに
立てるだけの技術をつけてあげたいと思っています。

やはりピアノは家での練習量に比例して上手になっていきますが、それにプラスして
習う先生によって大きく左右されるのも事実です。やはり、自分を高いレベルまで
引き上げてくれる先生、ピアノや音楽を好きになるように語りかけてくれる先生、
生徒の見本となって上手にピアノが弾ける先生がよい先生のように思います。

先ほど、指導力のある先生につかないとピアノは上手に弾けるようにならないと
書きましたが、私自身もまだまだ勉強中の身です。
ピアノを教えている全ての先生が日々痛感していることだと思いますが、『教えること』
或は『ピアノを弾くこと』に終わりはないのです。

自分よりもはるかに上のピアニストでもある先生について、そこで吸収したことを
生徒さんに伝えていく、セミナーに参加したりして、他の先生の刺激を受け、新しい
指導法も取り入れていく。やることはまだまだたくさんあって、道半ばなのですが、
一つ一つの積み重ねや選択がその人の人となりを形成するように、私も『ピアノの先生』
を極めたいな…と思っております。


この文章を書くにあたって『ピアノを習うこと』について深く考えてみました。最初は
軽い気持ちで始めたピアノが私の人生を豊かにしてくれたように、生徒さん一人一人も
さまざまな可能性を秘めています。ですから、趣味で楽しみたい軽い気持ちの生徒さん
に対しても、教える側は軽い気持ちで教えては絶対にいけないんだと思います。

とても長くなってしまいましたが、最近、『ピアノを教える側』についてとても考えさせ
られることがあったので、書かずにはいられませんでした。
お付き合い下さり、ありがとうございました


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR