Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

『生徒に伝えたいピアニストの言葉』 檜山乃武/角田珠実 編・著

『生徒に伝えたいピアニストの言葉』檜山乃武/角田珠実 編・著 を読みました。

本1


この本は
1.ピアノを上達するための言葉
2.やる気を出させてくれる言葉
3.弾く前に知っておきたい名作曲家への言葉
4.あこがれのコンクールを知ろう
の4部で構成された、とても読みやすい本です。

私が特に印象的だったのは、バックハウスの
『何を練習したかではなく、いかに練習したかが重要である』の言葉です。
バックハウスはある記者に『余暇は何をしていますか?』と質問されて
『ピアノを弾いています。』と答えたそうです。

これには驚きました
プロのピアニストでも、なかなかこういう方はいないと思います。
練習と余暇をきっちり分けて、練習はいわば仕事の一つとしてこなさなければならない
ことはありますが、その練習以外もピアノに捧げているとは…。人生をピアノに捧げた
彼からすれば、自然なことなのかもしれませんが、それにしても…絶句です

もう一つ、印象的だった言葉は
マルタ、アルゲリッチの『聴取は仲間ではない。』という言葉。
あのアルゲリッチ様は実はステージ恐怖症だったという真実。
音楽・ピアノのミューズである彼女の口から出たとはにわかに信じがたい言葉ですが、
ソリストとしての孤独がもの凄く伝わる言葉ですね。

あとは、やはり『音をよく聴いて演奏しなさい』という内容が多かったですね。
音をよく聴く、これを実際にできる人は少ないです。自分の出した音を聴くのは
とても難しく、まただからこそ、勉強になるのですね。

『音の質というのは耳でしか学びようがないのです。』
イブ・アンリの言葉

いつものように教室の本棚に置いてありますので、興味のある方は是非読んで
みて下さい。
ピアノ・音楽以外の面からもハッとさせられる言葉の数々でしたョ



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR