Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

『のぶカンタービレ!』 辻井いつ子著

辻井伸行くんのお母様・辻井いつ子さん著「のぶカンタービレ!」を読みました。

のぶカンタービレ!

辻井伸行くんはご存じのとおり日本人で初の「第13回ヴァン・クライバーン
国際ピアノコンクール」優勝、「第15回ショパン国際ピアノコンクール」
では最年少で出場し、「ポーランド批評家賞」を受賞した、世界的なピアニストです。
この本はショパンコンクールに挑戦するまでの伸行くんの13歳~19歳までの
歩みをお母様の目線から綴ったものです。

以前に中国のピアニストランランの自伝を読んだことをブログでもお話させて
頂きましたが、いつ子さんとランランパパに共通するのは、二人とも子供の才能を
信じ込み、とても早い時期からピアノに向かわせていたことです。

ランランは2歳から、伸行くんはなんと1歳半前!からピアノのレッスンを受けて
いたそうです。
レッスンといっても、1歳半なので、ピアノの先生を自宅に招いてピアノを弾いてもらって
いたそうですが、それにしても、「この子には音楽の才能がある!!」と思ってから
すぐに、ピアノの先生を探してレッスンを受けるなんて、本当にその頃のいつ子さんは
全盲の伸行くんになんとか光を見つけたかったんだと思います。

ランランパパとはやり方が違いますが(ランランパパはものすごくスパルタです)
わが子の才能はこれだ!と決めたら、あらゆる方法を駆使してその道のりを
ひたすら前に歩き続け、一切迷わない、妥協しない、諦めない、という
姿勢には本当に感動しました。
このお母様のもとに生まれたからから伸行くんはピアニストとして開花できたんだなぁ。
とも思いました。

なかなかチケットが取れないのですが、コンサートであの純粋でキラキラした
音にまた出会いたいです。



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR