Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

開成中学では、生徒全員がピアノを弾いている⁈ ①

面白い記事を読みました。今日はそのことについて、お話します

ハーバード、イェール、スタンフォード、MIT等々のアメリカの大学には
主専攻以外に音楽を学ぶ学生がおり、音楽をリベラルアーツ(教養科目)
として学ぶ環境が整っており、ピアノやアンサンブルに励んでいる学生
も多いそうです。

東大合格者数第1位を誇り、日本最高峰の中高一貫校として知られる
開成中学・高等学校でも、25年も前から生徒全員がピアノの授業を
受けているそうです

開成は有名大学に多数合格しており、受験勉強に関係する科目に力を
入れているイメージがありますが、実際には芸術にも強く、美術や音楽で
東京芸術大学に進学する人もいるそうです。

中学1年から始まるその授業は創作指導も兼ねたピアノ指導で、モーツァルト
やベートーヴェンといったレパートリーを弾くことを目的としているのでは
なく、コードネームを見て左手で和音が弾ける、アルペジオ(分散和音)の
伴奏形を自分で考えて弾けることを目的にしているそうです。

では、中学から学ぶ音楽・ピアノ授業について具体的にご説明します。

まず中学1年生の1学期には、最初の3回を使って校歌を教えます。
歌詞の説明や開成の教育理念(「ペンは剣より強し」「質実剛健」)等々を
教えた後で校歌の写譜を行います。楽譜の書き方を覚えるのが目的で、
事前に音符・休符の書き方、強弱記号、音価などを教えた上で行います。

校歌を写譜して記譜法を学び、その後は音階や和音の転回形などを
学んでいく。和音が理解できるようになったところで、色々な曲を
伴奏付きで演奏させます。

中2からいよいよ創作の一歩を踏み出すようになりますが、その前の
基礎固めとしてバッハのメヌエットを全員必修で学びます。バッハの
小フーガの鑑賞をした後、メヌエットに取り組みます。また右手でバッハの
メロディを弾きながら、コードを見て左手で伴奏をつけて曲を完成させたり、
さらには理論を踏まえて自分で曲を作り、最後のテストでそれを弾くことも
行うそうです。

二部形式(A→Bで構成されている曲)の曲を書くことが最低条件で、特に
小さい頃からピアノを習っている生徒は、オリジナリティあふれる曲を
作ってくることもあるそうです。

音楽の授業は週2時間で、ピアノの他に楽典も学び、3年生になると楽器を
ギターに持ち替えてさらに民族音楽などにも触れていくそうです。

高校になると音楽は選択科目になりますが、音楽を選択した生徒はさらに
4つの専門コース(歌唱、ピアノ、ギター、作曲)から1つ選び、いずれも
専門の教員が担当するそうです。

少し長くなってきましたので、次回は、そもそもなぜ開成中学高校は
ピアノを必須科目にしたのか?
新入生の40%がピアノ教育を受けた経験がある開成中学高校での音楽教育
の効果についてお話させて頂きます


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR