Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

『練習時間はどのくらい必要ですか?』 補足

前回のブログでは『練習時間』という、時間についてお話しましたが、
本日は練習内容についてお話させて頂こうと思います

まず、練習は効率的に行わなくてはいけないと思います。
一番いけないのは、何分の何拍子か?何調か?も把握しないまま、
いきなり弾き始めることです。弾いている途中で、『あれ、なにか
おかしい・・・。あらら、この曲ト長調なのにファのシャープが
全部抜けてた・・・』ということにも成りかねません

ですから、一番最初は拍子、調、速度記号も確認してから、弾き始めましょう。
また、フォルテやピアノ、クレッシェンド、リット,フレーズ等々の細かな情報を
認識して音を取っていくのが、効率的だと思います。

曲が出来上がった後で、フォルテやピアノ、クレッシェンド等のいわゆる
『表情をつけて弾く』ことをすると、二度手間になります。

曲が弾けるようになる頃には、指や体が覚えてしまっていて、ずっと、フォルテ
で弾いていたら、フォルテを弾く様の指のタッチや角度がすでに出来上がって
しまっています。それをまた、ピアノのタッチに直すのには時間がかかり、
再度、頭と指、身体に覚えこませる時間がまたかかってしまいます。

ですので、最初の片手練習から音符を読むように、フォルテやピアノといった
強弱記号等に気を付け、『意識』しながら弾いていくのがよいと思います。

また、楽譜を眺めて、どことどこの部分が同じか似ているかを予め、知って
おくのも練習の効率をあげることになります。
『ココとココの部分が同じ、ココとココの部分は最後の左手だけちょっと違って
いる。』というように知っていれば、何回も同じ個所を練習しなくて済みます。

例えば、A´(4小節)⇒A(4小節)⇒B(4小節)⇒A(4小節)という曲の場合、まず
AとBを練習して、あとは、A´のちょっと違う所と、A、A´、Bののり付けの練習
をすればよいのです。

今回は一番最初の譜読みの練習について書きましたが、長くなりましたので、
次回は譜読みが終わった後の両手練習やスムーズに弾けるようになるために
必要なことについて書きたいと思います。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR