Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

アナリーゼセミナー

今日は、鵜崎先生の『トレーニング・オブ・アナリーゼ ~ブルクミュラー25の練習曲』
のセミナーに参加しました
本日の課題は『コンソレーション(なぐさめ)』と『シュタイヤー舞曲』の2曲です。

今日もとっても濃い内容で、なんと、1曲目のコンソレーションの冒頭4小節だけで
45分の講義。
『へ~』ボタンがあったら、『へ~、へ~・・・・』と連打してそうなくらい興味深い内容でした。

2曲目の『ショタイヤー舞曲』。
こちらはト長調から途中、平行調のホ短調に転調していますが、全59小節の内、
58小節がなんと、Ⅰと属七の和音だけで出来ています

1小節だけ、Ⅳの和音が出てきますが、それ以外は全てⅠと属七の和音だけ!
という潔さというかシンプルさにビックリ
そして、シンプルな作りでも作曲家によってこんなにも素晴らしい曲に仕上がる
んだなぁ・・・とちょっとした感動を味わったのでした。

生徒さん達もⅠ⇒Ⅳ⇒属七の動きはレッスン中に習得し、セオリーの課題でも
取り組んでいますので、構成和音を説明しながらレッスンすると、今まで習ってきた
セオリーと実際の曲がリンクして、より1曲を深く濃く学ぶことができるようになると思います。

それは幼稚園生でも低学年の生徒さん達でも、Ⅰ⇒Ⅳ⇒属七の動きをマスター
していれば、理解できることなので、レッスン中にも丁寧に説明して曲への理解を
深めてもらおうと思いました

ところで・・・

私が使っているブルクミュラーの楽譜。幼少期からのものですが、値段がなんと¥350。
(もちろん消費税なしっ。)講義中に裏表紙を何気なく見て、その値段にまたまた
ビックリしました。

今、一番安いブルクミュラーの楽譜でも¥756はすると思います。
時の流れを1冊の楽譜から感じました




*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR