Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

『鎌倉薪能』

毎年秋に鎌倉宮にて催される能舞台、『鎌倉薪能』に行ってきました。
日が暮れ始める時間から始まる薪能は、時代を超えた独特の世界観に包まれ
神聖な空気が流れていました。

今回で53回目を迎える大変歴史あるこの催しを私はずっと楽しみにしていました
以前に行った時はとても寒くて、ブランケットを買うことになったので、今回は
ちゃんと準備をして行きました。

薪能1
  ≪開演前、お弁当を食べたりして過ごしました≫


今回の演目は「被災地復興に寄せての鎮魂の舞」、和泉流狂言「附子(ぶす)」、
私が見た8日は金春流・能「船弁慶」でした。

「附子」は国語の教科書にも載っていましたし、分かりやすいのでとてもおもしろく
会場からも笑いが漏れていました。やっぱり人間国宝“野村万作”氏の狂言を
鎌倉宮の杜で体感できたことは何物にもかえがたい時間となりました

薪能2
  ≪幽玄の灯火の中、舞台は始まります≫

「船弁慶」は若干の勉強不足のため、よくわからないところもありましたが
最初に解説をして下さったので、だいたいついていけました。。

鎌倉宮の杜の中、高く響く鼓や横笛、素謡が舞台を彩る中、枯葉がハラハラと落ち、
虫の音が響き、幻想的な世界を作り上げていました。
(たまに車やバスの音で現実に引き戻されますが…。)

戦国のお殿様や姫達もこうゆう風に楽しんでいたのかなぁ~~なんて空想をして
しまいました。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR