Kitakama Piano日記

北鎌倉ピアノ教室のブログです。ピアノ教室や北鎌倉での生活をつづっています♪

Entries

宿題の出し方(初級の生徒さん編)

今日は私の宿題の出し方(初級の生徒さん)についてお話させて頂きます。
私はだいたい初級の生徒さんには、曲を2曲以上(曲の長さによる)、
ワークを1~2ページ、リズム打ちのプリント1~2,3枚を1週間の宿題に出しています。

まず曲数はその週にレッスンした内容を復習する形での宿題になるので、
初めて習ったものがあるレッスンの時は曲数を少なくし、逆に習ったものを定着させる
場合は多めに宿題を出します。

その曲ですが、1曲につき
① ドレミ~の音名で右手パートを歌いながら両手で弾く
② 4拍子の曲だったら、「1,2,3,4」と拍子を数えながら弾く
③ 歌詞付きの曲だったら歌詞を歌いながら弾く
④ 両手で弾けない場合は左手を弾きながら右手パートを音名で歌う。
  もしくはその逆
⑤ 手や指の形をきれいに保って①~④を弾く、ということを宿題に出しています。

①~⑤を加えることでただ弾けるようになってOKっで終わるだけでなく、
ドレミや歌詞を付けて音程正しく歌ったり、拍子を数えながら弾かなくてはいけない
ので、1曲をたくさん練習することになります。

また、慣れたきた生徒さんにはそのうちの1曲を暗譜で弾くのも追加で宿題に出して
います。暗譜はとても大切な作業で、よく発表会の曲しか暗譜しない…という場合も
ありますが、私は常日頃から暗譜のくせをつけておいた方が後々楽になると思って
いますし、『楽譜がないと弾けない子』になって欲しくないので、暗譜をしてもらってます。

暗譜をする時にただ、何回も何回も弾いて覚えるよりも、レッスン中に形式に
ついてわかりやすく解説を入れておくので、指だけでなく頭でも覚えられるように
指導しています。

あとは以前にブログでもご紹介したリズム打ち。
これもその生徒さんの進度に合わせて、①拍数を数えながら、②メトロノームに
合わせて、③足踏みしながら叩く、の①~③を指定して宿題に出しています。

4~6歳くらいの生徒さんだと結構ハードな宿題なのですが、皆、頑張ってやってきて
くれますし、子供は大人が思っている以上のことが出来るものだと思っています


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

Kitakama Piano

Author:Kitakama Piano
北鎌倉でピアノ教室を主宰しています。

北鎌倉ピアノ教室のHPはこちら!

最新記事

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR